前へ
次へ

不動産投資する上でのリスクと対策

不動産投資で回避できないのが、天災のリスクといえます。
自然災害は、物質的に物件を移し変えてしのぎ切るわけにはいきません。
火災は、近所からもらい火をしたり、入居者が火元になることもあり得るため、仮に全損してもダメージを取り戻せるよう保険へ加入しておくことが重要になります。
しかしながら、保険会社により補償の中身が違うことから、前もってのチェックは欠かすことはできません。
また、 一般的に、不動産投資においてはレバレッジを活用するためにローンを設定します。
ただし、ローンを設定すると元金に加えて金利返済も必要となります。
借り入れ金の金利の水準は、所定の期間ごとに見直せる中身になっているものが多いため、近い将来金利が上がっていくリスクも考慮しつつ、借り入れ金額を選ばないといけません。
原則的に、自らの返却する能力をオーバーする大きな融資を受けることがないのが、上昇リスクの解決方法になります。

Page Top